父の背中

実は
父が
心臓で
安佐市民病院の南棟に入院し
手術をしました。


私の誕生日前後ですが
突然の事でビックリで…
術後、途切れ途切れの声で、
自分の想いを語る父の言葉は、
涙なしには聴けませんでした。


「 自分は『職人気質』
これまで頑固一筋、
一生懸命頑張ってきた。

また、
お前をかなり厳しく育ててきた。
門限もあった、
体罰もあり、
手もあげた、
かなり厳しかったと思う。

でも『強くなって欲しい』
と思ってのこと。
お前がいつも
苦労しているの見てきた。
泣きながら、強くなり、
困難を乗り越え、
いま家庭も仕事も
頑張っている姿を見ると
『自分が厳しく育てたのは
間違ってなかったんだな』と…
『自分が居た存在意義』を
感じるんじゃ。

これから自分が
どうなろうとも、
お前は私の代わりに、
一生輝き続けて欲しい!」

(大泣)
初めて父の背中が
小さく見えました(泣)
お父さん私、頑張ります(泣)
(泣)
(泣)





10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--